-

自動車事故は、己だけの事故と他の人が関わった交通事故があります。己だけの事故の時には、自分だけで事故の対応をしたら完了となりますが、第三者が関わった自動車での事故はどちら側にどれだけの手落ちが存在するのかを分析し、この結果によって乗用車の修復のお金が示談金の額の金額等が決められるので保険屋さんの人を交えながらの協議が必要不可欠です。普通の自動車の事故のケースで、各々になんらかのミスがある状況が多く一方だけの間違いだという場面は多くありません。言うまでも無く信号が赤でも進んでしまったり一旦停止無視等はかなり大きな落ち度になりますが、被害者側にも責任があると言われます。事故の状況ではどの運転手の過失で起きたのかという結果が物凄く大切にされますのでこれを当事者に分かりやすく示したのが《過失割合》となります。例えば、上記の赤信号無視や一時停止しなかった条件なら、交通法の上では相手の人が全ての手落ちがあると考えがちですが事故の原因になった車が前方から来て目で見て確認された状態だと被害者側も注意が足りないとされ1割りぐらいの落ち度があると言われる事もあります。よってこの場合は事故を起こした相手が9割、自分1割の過失割合と判断されミスが大きな方に過失が問われる事になるのです。さらに車での事故の過失の割合それまでの自動車の事故の判例を基準に決定する状況が多数あり日弁連の交通事故相談センターから示されている基準となる表等が基準として利用されます。この過失割合の、数値が高いほど落ち度、結果的に賠償金も大きくなると判断されるので事故に関する話し合いは事故当事者だけでなく車の保険屋さんの係りの人に加わってもらってちゃんと相談する事が必要不可欠です。