-

《全損》とは名称通り愛車のすべてが故障したこと、要するに走行出来ない等移動手段として役をできなくなった状況で判断されますが乗用車の保険での『全損』は多からずちがった内容が込められています。車の保険では車が壊された時に「全損と分損」というように2つの状況に分類され【分損】は修理のお金が保険金内でおさまる状態を示し逆に【全損】とは修理費が保険額より高い場合を言います。一般的に、車の修復で全損というと車の心臓となるエンジンに重大な打撃があったり車の骨格が曲がってしまったりして直すことが難しい時再利用か処分になるのが当たり前です。けれども、事故が起こってディーラーや車の保険会社がこのような修復のお金を見積もった場合に、いくら表面的に綺麗で直すことが可能である場面でも修理費が補償額よりも大きくては何の目的のために乗用車の保険加入しているのか分からないです。こういった場合は『全損』と結論付けて自家用車の権利を保険会社へ譲渡し補償金額を受けとるシステムとなっています。もちろんの事ですが長い間乗り続けた自分の車で執着があり自分のポケットマネーで直して乗りたいと考えるドライバーはたくさんいらっしゃいますのでケースによって車の保険の会社と確認しあうといいと思います。さらに、乗用車の保険によってはそういう状況のために特約等(全損)の時に特約つけている状況がたくさんあり予期せず自動車が全損となっても買い替えなどの諸経費をある程度払ってくれるケースもあります。そして盗まれた際の補償額の特約をつけるならば、盗難被害にあった物が見つからない際でも【全損】と扱われ、補償されるシステムになります。