-

思いつきもせず不意に遭遇するのが車の事故です。その状況でどんな風に判断するかにより保険金の額も全く違ってくる場面もあるので正しい判断と対応が求められます。予想外のアクシデントに巻き込まれて動揺してしまえば必要不可欠な事を見失ってしまい、後で自らがかなり大きな損をしてしまう状況もありえるので自動車事故をしてしまった場面では正しく以下の判断を行いましょう。自動車の事故を起こした場面で第一にする必要があるのは負傷者の状況を確認する必要があります。事故のすぐ後は気が動転するあまり何も出来ない状態になってしまう時がありなかなか行動できないのが通常です。その場合、怪我をした人がいた場合には危なくない場所へ移動して応急手当をして、119番通報するようにして負傷者の最優先に努めることが大事です。救急車を呼ぶ状況では正しい事故の場所を伝えて良く分からない場面では分かり易い建物や交差点を知らせその場所が分かるようにします。その後で警察へ電話して交通事故が起きた事、そして簡単な状況を話します。救急車と警察の到着を待っている時に相手のことをチェックします。姓名、連絡先、免許ナンバープレート、事故相手の保険の会社名などなど相手だけでなく自分の内容をやり取りします。その時に事故の相手方にミスがあったような場合は、その場所で処理する場面が考えられますがすぐに片付けるのではなく、どういった場面だったにせよ警察や自動車保険の会社に報告して正しく調査してもらう事が大切です。お互いの内容を言ったら他の交通の邪魔にならないように妨げになる物道路の上からどかします。仮に妨げになった物が他者の障害物になっている状態では、それぞれの情報の交換をするより優先してその対応を終わらせてしまっても大丈夫です。あなたの加入している自動車の保険会社に電話を入れ交通事故があった事を知らせます。自動車の事故から特定期間内のうちに自動車の保険会社に連絡を入れないと、自動車での事故の保険の適用されないことも想定されるのでなるべく速やかに行動することが大事です。出来たら事故の現場の証拠になるように、コンパクトカメラやタブレットなどを使って事故の現場や車の破損の状態が分かる写真をを残しておきます。この写真は過失割合を決定する際にかなり大きなデータとなりますので、自らの自動車や先方のクルマの破損を全部証拠写真として残しておきましょう。その時に見た人がいれば警官の方が保険屋さん到着するまで事故現場にそのまま待ってもらうよう呼びかけることも重要です。